高校留学TOP > どんな留学があるの? > 交換留学

どんな留学があるの?

交換留学

高校時代の1年間、海外の高校に留学して現地高校生と同じ生活を送る。ちょっぴり不安でかなりドキドキする体験だ。多感な高校時代だからこそできる交換留学。チャレンジしてみる価値はある。

高校生なら誰でもチャレンジ
「交換留学」というと、英語がペラペラで成績優秀な生徒しか参加できないと思っている人が多いのではないだろうか。「敷居が高くて私にはとても…」と最初から諦めてしまっている人も多いのでは? しかし、実際のところはそうでもない。高校生だったら誰でもチャレンジでき、多くの先輩達を世に送り出している素晴らしい制度なのだ。

勉強よりも国際交流が目的
 高校生の交換留学制度は第二次世界大戦後、アメリカで始まったもの。日本では1954年に8名の高校生がアメリカへ派遣されたのが始まりだ。「交換留学」の目的は、勉強よりもむしろ「国際交流」。現地の高校生と同じ生活をすることによって、直接異文化を体験できるようプログラムが組まれている。語学習得に力をいれた「語学留学」や、高校卒業目的の「私費留学」と大きく異なる点はここにある。
 留学中、生徒は現地の一般家庭の一員となり、地元の公立高校に通う。ホストファミリーや学校は、ボランティアで留学生を受け入れてくれているので、私費留学に比べて費用もかなり安い。留学生用のクラスで勉強するのではなく、現地高校生と同じ授業を受け、同じ宿題も出る生活。「日本から海外へ、海外から日本への相互交流」が交換留学の基本だ。
 交換留学の窓口は、いくつかの留学・交流事業団体に設けられており、選考試験は団体ごとに全国で実施されている。高校の3年間という限られたチャンスを活かして、海外に羽ばたいてみよう!

留学を支援するのはNPO団体やボランティア

 交換留学の多くは、NPOやボランティアによって運営・管理されている。NPOとは、営利を目的としない組織で、活動を支えるのはボランティアの人たちだ。たとえば、現地で学生を受け入れてくれるホームステイや学校関係の人々、いろいろな相談に乗ってくれるスタッフなど、そのほとんどがボランティアとして無償で働いている。交換留学の費用が、私費留学に比べてグンと安いのはそんな理由から。「国際交流のお役に立てれば」という善意の心が、リーズナブルで安全な留学生活を支えているわけだ。

先輩留学生の協力も心強い将来は自分も先輩になる!

 交換留学では、その準備段階からボランティアのお世話になることが多い。たとえば、オリエンテーションでの先輩留学生の協力もそのひとつだ。現地で苦労したことやアドバイスなど、彼らの口から直接聞く体験談は、どんな参考資料よりも現実的でためになる。誰だって行く前は不安でいっぱい。そんな気持ちを和らげてくれるのが、同じプログラムに参加したOB&OGの声だ。帰国後、今度は自分が先輩となって体験談を伝えていくことで、国際交流の役割をきちんと果たそう!

高留連って?
「全国高校生留学・交流団体連絡協議会」の略称で、主として交換留学を運営する留学団体が集まって結成された組織。主な活動は、「高校生交換留学プログラム要覧」の編集・発行、留学団体と全国の高校の先生方とによる研修・情報交換等だ。高留連の参加団体は現在13。HPでは、交換留学関連諸情報、各団体の連絡先と活動内容等を紹介している。http://www.koryuren.gr.jp/

1年間の国際交流で親善大使になる

 交換留学の期間は1年間。好きなときに出発できる私費留学と違って、オリエンテーションの期日や出発日がはっきりと決められているのが特徴だ。「1年間」というのは、現地高校での1学年を終えるまでの期間ということで、正確には10カ月間でプログラムが終了するケースが多い。
 留学当初はチンプンカンプンの授業も、クラスメイトや先生に助けてもらいながら、次第に理解できるようになってくる。半年もすれば会話が上手くなり、自分の意見をクラスで言えるようにもなってくる。宿題のレポートを書くスピードが速くなり、会話にも困らなくなるのがちょうど10カ月。一般的な英語の上達度はこんなところだ。
 しかし、交換留学の真の目的は国際交流。選ばれた留学生は、日本の学生代表の親善大使としての役割をきちんと果たさなければならない。といっても何も難しく考えることはない。毎日真面目に学校に通うことはもちろん、地域の人達と積極的に交流するよう心がけること。自らその国の文化を吸収しようという気持ちを大切にすること。こういった姿勢を1年間忘れずにいることが重要だ。
 多感な高校時代に留学を経験することで、その成長ぶりには目を見張るものがあるといわれている。だから、1年間の留学生活を終えて帰国した先輩達が、ボランティアとして次に続く留学生の世話をするのは、ごく自然な行動ともいえる。自分の体験を後輩に伝えることは、国際交流のひとつの役割であり、帰国後も続くのが交換留学だ。「国と国との架け橋になる」、ちょっと大袈裟かもしれないが、そんな高校生になるのは素敵なことだ。

交換留学の主な流れ

日本

01 団体を選ぶ

交換留学を主催する留学団体は全国各地にあり、その規模は大小さまざま。資料を取り寄せたり説明会を聞きに行って選ぼう。高校にも案内が来ていることがあるので聞いてみて。

02 願書と書類提出

毎年4〜6月ごろ、各団体の交換留学のパンフレットが出揃う。「これは」と思った団体があれば、出願書類を用意する。指定された申込用紙に記入するほか、必要書類を揃える。中学3年間と高校の今までの成績表のコピーなども必要なので、書類提出の際確認を。

03 選考試験

試験内容は、英語テストと作文、一般常識のテスト、そして面接が一般的。募集時期に合わせてそのつど試験を行い、合格ラインに達した人は全員合格。1回の派遣で何度も募集を行う団体では、定員がいっぱいになり次第、募集を終了する。

04 合格!!

試験内容は、英語テストと作文、一般常識のテスト、そして面接が一般的。募集時期に合わせてそのつど試験を行い、合格ラインに達した人は全員合格。1回の派遣で何度も募集を行う団体では、定員がいっぱいになり次第、募集を終了する。

05 必要な書類の準備

交換留学のための必要書類は日本の高校の先生に記入をお願いする書類や健康診断書、パスポートなど実にさまざま。それらがきちんと揃っていないと出発できないので、団体の指示に従おう。また、留学の動機をエッセイに書いたり、ホストファミリーへの手紙も準備したい。
なお、学生は留学国までは選べるが、受入地域やホストファミリーは基本的に団体側が現地と相談しながらアレンジする。

06 各種研修

英語研修や生活準備など、出発前にはやることがいっぱい。英語圏以外の人は、英語と同時にその国の言葉も少し勉強すると現地でより楽しく過ごせる。

07 オリエンテーション

少人数でのミニオリエンテーションから全員集合の宿泊オリエンテーションまで、オリエンテーションはひんぱんに行われている。常に積極的に参加すれば留学への意識も高まる。

08 渡航準備

出発当日に持っていく荷物は、スーツケース1個くらいで十分。洋服は現地で購入できるし、必要があれば日本から送ってもらう方法もある。ただ、ホストファミリーへのおみやげや、日本の写真などは忘れずに持っていこう。

09 出発!!

出発当日に持っていく荷物は、スーツケース1個くらいで十分。洋服は現地で購入できるし、必要があれば日本から送ってもらう方法もある。ただ、ホストファミリーへのおみやげや、日本の写真などは忘れずに持っていこう。

現地

10 現地オリエンテーション

同じ地域にステイする留学生が集まり、現地生活についてのオリエンテーションを受ける。事前の語学研修を受ける人は、1〜2カ月早く出発する。

11 ステイスタート

ホームステイ先での留学生活がスタート。団体によって異なるが、現地ではボランティアスタッフが生活やトラブルの相談に乗ってくれる。各スタッフには担当地域があり、そのなかにステイする留学生のサポートをしてくれるのだ。

12 帰国

帰国したあと、留学生は日本の生活にスムーズに戻るための帰国後オリエンテーションを受ける。「現地ではこうだったのに!」という逆カルチャーショックになる人も多いのだとか。

13 OB&OGとしてボランティアに参加

交換留学の先輩として、これから出発する後輩へのアドバイス、同窓会の運営など、ボランティアとしての活動は幅広い。


「どんな留学があるの?」の交換留学のコーナーに戻る

上へ

資料請求手続をする 資料請求手続をする 高校留学個別相談

初めての方へ

どんな高校留学があるの?

何から始めたらいいの?



global mobile

NZACJ

capスタディーズ

高校留学ならアルファ留学アカデミー

国から探す

アメリカ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

アイルランド


国別基本情報

留学手配会社って何?

高校留学の体験談

高校留学のための奨学金

国別高校留学徹底ガイド

高校生モニターの留学日記
休みを生かした短期留学
海外の高校生活リアル白書 海外の高校生活リアル白書
アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談 アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談
どんな高校留学ができるの?小学生からの留学 どんな留学ができるの?
小学生からの留学
編集部インタビュー国際派高校の魅力に迫る! 編集部インタビュー
国際派高校の魅力に迫る!
オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情 オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情
海外TREND REPORT 海外TREND REPORT
不登校からの留学 不登校からの留学
親のサポートを考える 親のサポートを考える


高校留学.netをご覧の皆様へ
高校留学.netは、アメリカ/カナダ/イギリス/オーストラリア等への高校留学の情報ポータルサイトで、 高校留学の情報が満載です。高校留学の不安を解消する留学体験談、費用、生活等、高校留学の準備に役立つ情報を掲載しております。