高校留学TOP > WORLD REPORT > オーストラリア高校留学日記 > オーストラリア高校留学日記「僕が留学した理由」

オーストラリア高校留学日記「僕が留学した理由」

久保田 陽太郎(くぼた ようたろう)さんプロフィール

久保田 陽太郎(くぼた ようたろう)さん

東京都三鷹市にある私立校から、2006年4月にオーストラリア・メルボルンの公立高校に留学。現在は高校2年生で、来年12月に卒業予定。




取材協力:ICC国際交流委員会

僕が留学した理由

友達に誘われて、彼の家族とピクニックに行った
友達に誘われて、彼の家族とピクニックに行った
僕は今、オーストラリアのメルボルンというところに留学しています。
きっかけは、友人のお兄さんが留学していて、彼の自信にあふれたような、生き生きした姿に、憧れたからです。5年間の留学を終えた彼らからは、行かないほうがいいといわれていました。海外留学は相当つらく、また難しいからです。

そんな反対をよそに、行くことを決心したんですが、いろいろと怖いことを聞いていたので、初めて行くときは、正直、希望なんかありませんでした。結局、最初の一年は、地獄以外のなにものでもなかった。最初の一年気をつけたことは、日本人と一緒にいないこと。お兄さんたちから、日本人同士一緒にいいる様になったら、なにもかもお終いだと聞いていたので。一緒にいれば楽なのは当然でしょうが、ただ時間とお金を無駄にするだけです。お父さん、お母さんにバカ高いお金を払ってもらって、留学してまで、遊んでたら何の意味もないし。まあ最近は友達もできて、だんだんと楽しくなってきています。

高校の授業風景
高校の授業風景
学校生活は慣れません。英語ができないから。これは何年も現地の子といないと無理。オーストラリアの学校は、科目の種類が豊富で、多くの経験が出来ると思います。だからといって、楽しい教科ばかり取っていれば、後々泣くのは自分です。オーストラリアの学校で嫌いな所は、汚いところです。放課後の掃除は生徒でなく、掃除屋さんがするので、生徒はかまわずゴミを捨てます。これには絶対慣れないな。この光景にはいつもいらいらする。生まれて初めてカラスに感謝しました。カラスが外を掃除してくれてます(笑)。

僕が通っている学校
僕が通っている学校
ホームシックはまだあります。きっとこれは一生なくならないでしょう。お風呂に入りたいし、本物の日本食も食べたいし、夏祭り行って花火見たいし、友達にも家族にも会いたいしで、時々日本が恋しい。で、ここに来て、やっぱり日本が世界で一番すばらしい国だと実感しました。こういういう経験が大切なんだと思います。別に英語を勉強するために留学したわけではないし。海外で、親の元を離れて、一人で生きていくと、いろいろな経験をするだろうし、そういう経験は、自分自身にとってもいいものだと思う。英語はそのついで、まあ一石二鳥な感じ。

オーストラリアの空
オーストラリアの空
オーストラリアの素敵な所は、空がすごく綺麗な所。いつも見惚れてしまします。毎日が青空ですが、雨が全く降りません。なので、シャワーは2分以内、水撒きは週一回、洗車はバケツ一杯までって感じ。長風呂が好きな人にはこたえるね。

あと、オーストラリアはスポーツ大国です。たぶんここで、世界のほとんどのスポーツは見れるでしょう。僕が特に好きなのは、オーストラリアンフットボールです。危険な競技ですが、かなり白熱します。


オーストラリア高校留学プログラムをチェック

オーストラリア高校留学基本情報をチェック

戻る

資料請求手続をする 資料請求手続をする 高校留学個別相談

初めての方へ

どんな高校留学があるの?

何から始めたらいいの?



global mobile

NZACJ

capスタディーズ

高校留学ならアルファ留学アカデミー

国から探す

アメリカ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

アイルランド


国別基本情報

留学手配会社って何?

高校留学の体験談

高校留学のための奨学金

国別高校留学徹底ガイド

高校生モニターの留学日記
休みを生かした短期留学
海外の高校生活リアル白書 海外の高校生活リアル白書
アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談 アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談
どんな高校留学ができるの?小学生からの留学 どんな留学ができるの?
小学生からの留学
編集部インタビュー国際派高校の魅力に迫る! 編集部インタビュー
国際派高校の魅力に迫る!
オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情 オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情
海外TREND REPORT 海外TREND REPORT
不登校からの留学 不登校からの留学
親のサポートを考える 親のサポートを考える