高校留学TOP > WORLD REPORT > オーストラリア高校留学日記 > オーストラリア高校留学日記「最後の1週間」

オーストラリア高校留学日記「最後の1週間」

プロフィール

久保田 陽太郎(くぼた ようたろう)さん

東京都三鷹市にある私立校から、2006年4月にオーストラリア・メルボルンの公立高校に留学。現在は高校2年生で、来年12月に卒業予定。




取材協力:ICC国際交流委員会

最後の1週間

一年もあっというまで、もう11月に入ってしまいました。帰るまであと一週間です。
学校最後の一週間は期末試験があり、今は本当に忙しい日々を送っています。
試験はほとんど体育館で行われるといった感じです。
もうここに来て1年半が経ちましたが、初めのころより今のほうが断然に楽しいですね。
友人関係も安定して、決まって一日一緒に過ごす様な友達も出来ました。
来年には日本の僕の家に二人来る予定になっている友達もいます。
今年に入って最初のほうは11年というのもあってか少し戸惑いましたが、今ではそんなのもいい経験だったと思えます。
休日は友達の家に行って勉強したり、映画を見に行ったりすることが今年は多かったです。
去年はそんなこと一回もなかったですけどね。
そう考えてみると、自分の英語が上達したんだと思えます。

今年強く感じたことは、お金の扱いの難しさでしょうか。
服を一回も買っていないし、靴とかその他にも自分の身の回り品は全く買わなかった今年ですけど、それでもお金がだんだんとなくなってくるんです。
電話代、インターネット、交通費だとか、勉強道具とか、そういうものに自然とお金が流れていく感じです。
僕の口座から家賃を払っているわけではないし、電気代も水道代も払っていないのに、すでにこんなにお金が出て行くのなら、一人暮らしなんて少しでも気を緩めたら大変ではないかと思ってしまいます。

それと同時に、やっぱりこっちに来ると親のありがたみってものが本当にわかります。
去年もそうでしたが今年もそういう気持ちは感じます。
一人になると、あれもこれも全部親にやってもらってたのかぁと気づくことが多々あります。
それに海外に出すというだけでも大変な費用がかかるのに、僕を支えるために朝一から夜遅くまで働いてくれてることを考えると、いくら感謝なんてしても足りないし、ここでの時間を一秒も無駄には出来ないなと感じます。
この恩は将来、自立してお金を返したからといって返せるような物ではなく、いつもホストの人にも言われますが、両親に「ああ、留学させてよかった。」と思わせるような人間にならなければいけないんですよね。

来年、12年生を終えて、オーストラリアの大学に行くことを予定しています。
4年制の大学に二年通い、その後休学して航空大学の試験を受けるために日本に帰国します。
そこで受かり、ANAの副操縦士になることが第一の目標であり、機長になることが第二の目標です。
「Whether you think you can or you can't, either way you are right」
これが僕のモットーですね!これからも常に上を目指し、生きて生きたいと思います。


オーストラリア高校留学プログラムをチェック

オーストラリア高校留学基本情報をチェック

戻る

資料請求手続をする 資料請求手続をする 高校留学個別相談

初めての方へ

どんな高校留学があるの?

何から始めたらいいの?



global mobile

NZACJ

capスタディーズ

高校留学ならアルファ留学アカデミー

国から探す

アメリカ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

アイルランド


国別基本情報

留学手配会社って何?

高校留学の体験談

高校留学のための奨学金

国別高校留学徹底ガイド

高校生モニターの留学日記
休みを生かした短期留学
海外の高校生活リアル白書 海外の高校生活リアル白書
アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談 アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談
どんな高校留学ができるの?小学生からの留学 どんな留学ができるの?
小学生からの留学
編集部インタビュー国際派高校の魅力に迫る! 編集部インタビュー
国際派高校の魅力に迫る!
オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情 オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情
海外TREND REPORT 海外TREND REPORT
不登校からの留学 不登校からの留学
親のサポートを考える 親のサポートを考える