高校留学TOP > WORLD REPORT > ニュージーランド高校留学日記 > 留学をスタートして2日目に書いた日記を振り返って

留学をスタートして2日目に書いた日記を振り返って

森下 璃南さんプロフィール

森下 璃南さん

【留学開始年月】2006年4月
【留学先学校名】Rotorua Lakes High school
【現在の学年】13年生(最終学年)
【趣味】アルトサックス(今はピアノとフルートも習っています)、読書


取材協力:ICC国際交流委員会

留学をスタートして2日目に書いた日記を振り返って

Hastingsにある公園の風景
Hastingsにある公園の風景
私を幸せにしてくれるもののひとつ
私を幸せにしてくれるもののひとつ

「今日は昨日ほどいろいろ不安にならなかった。何の根拠もないけど、私の留学生活はすごく良いものになると思う。もちろん、たくさん悩んだり泣いたりすることもあるだろうけど、それも大切なことだと思う。この留学生活を通して起きること、悩むこと、笑うこと、泣くこと・・・全てが意味のあることで、私にとって大切
で必要なことだと思う。楽しいことだけでなく、つらいことも全て私の糧になると思う。
今日ドラマをみたけど、話の内容とか言ってることが全然分からなかった。でも分からなくて当然!分かるんだったらここにいる必要ないし。一言ずつでいいから分かるようになりたいし、していきたい。」

一昨年の4/29にこの日記を書いてから2年とい1ヵ月半が経ちました。初めての飛行機、初めての海外、憧れの留学生活・・・日本を発つときには不安は全くなく、どこかへ冒険に行くような興奮でいっぱいでしたが、NZに着いてからの初めの1週間はホームシックですごくつらく、泣いてばかりいました。まさに「心にポッカリ穴が開いてしまった」状態。今振り返れば、この日記の内容もそんなつらい状況の中で自分自身を励ますために書いたものだったんだと思います。でも、この日記を書いて約1週間後に学校が始まってからはまた冒険気分に戻って、全くホームシックを感じなくなりました(笑)。

「留学」という言葉から想像するのはかっこいいことばかりですが、実際の留学生活では楽しいことばかりではなく、つらいこと・苦しいことがたくさんあります。もちろんそれは、日本にいても同じことですが、家族と離れて海外で生活している以上、そのつらさ苦しさも倍またはそれ以上になることがあります。でも、そのつらさ苦しさがあるからこそほんの小さなことさえ心から楽しめたり、ちょっとしたことですごく幸せになれたりするんだと思います。

先週、クッキングのクラスですき焼きとうどんを作りました。久しぶりの日本食、材料を買っているときからルンルン気分で幸せでした。日本にいたら当たり前のことで何とも思わないのに、NZにいるとすき焼きとうどんを食べられる、ということだけですごく嬉しくなります。ほんの小さなことさえ心から楽しめたり、ちょっとしたことですごく幸せになれたりする、っていうことはこういうことですね!(笑)
ちなみに、すき焼きとうどん(小麦粉からこねて作りました!)両方とも上手に作れて、食べたときには笑みがとまりませんでした♪写真を撮っておかなかったのが残念! 今回は以上です。



ニュージーランド高校留学プログラムをチェック

ニュージーランド高校留学基本情報をチェック

戻る

資料請求手続をする 資料請求手続をする 高校留学個別相談

初めての方へ

どんな高校留学があるの?

何から始めたらいいの?



global mobile

NZACJ

capスタディーズ

高校留学ならアルファ留学アカデミー

国から探す

アメリカ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

アイルランド


国別基本情報

留学手配会社って何?

高校留学の体験談

高校留学のための奨学金

国別高校留学徹底ガイド

高校生モニターの留学日記
休みを生かした短期留学
海外の高校生活リアル白書 海外の高校生活リアル白書
アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談 アレレ!?こんなはずじゃ みんなの高校留学失敗談
どんな高校留学ができるの?小学生からの留学 どんな留学ができるの?
小学生からの留学
編集部インタビュー国際派高校の魅力に迫る! 編集部インタビュー
国際派高校の魅力に迫る!
オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情 オーストラリア・NSW州教育省に聞く最新高校留学事情
海外TREND REPORT 海外TREND REPORT
不登校からの留学 不登校からの留学
親のサポートを考える 親のサポートを考える